はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2014年08月22日

続けられない人のための、続けられる(継続)日記のコツ


ルールを変えれば、日記は続けられる

日記はもとより、手帳やメモの習慣なども中々続けられないという人は意外に多いようですが、今回は「このようにすれば続けられるよ〜!」というコツ&ルールをご紹介します。

まず、結論から申しますと、「毎日書かなくても良い」「書きたい時に書けば良い」という気分的に自由なルールに変更することです。

書きもの(日記・手帳・メモ・ノートなど)の類は「買ったら書かなければならない」という義務感が生じてしまいますよね。

私たち人間って、「義務感=プレッシャー=逃げたくなる」という心理が働きがちですよね?

今回ご紹介しているのは、それを逆手にとるという方法です。

「気が向いた時に書けば良い」というルールに変更すれば、気が楽になりますし、義務感がある時よりリラックスしながら書けるようになります。

夏休みと言えば、小学生の絵日記ですが、あれも子供たちが「毎日書かなければ・・・」という気持ちから中々進まないということもあると思うんです。

そもそも、絵日記って毎日が必須でしたっけ???

時々書くからこそ、日記の内容に”特別感”が生まれて、印象に残る記し方になり、心に残る思い出となると私は考えているのですが、いかがでしょう。


スポンサードリンク

posted by なお兄ぃ at 17:03 | (未来)日記の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。