はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2011年10月22日

書くことで時間を短縮できる、書くことで効率化できる


時間を制するものが勉強を、仕事を制す

「成果をあげるものは仕事からスタートしない。時間からスタートする。計画からもスタートしない。時間が何にとられているかを明らかにすることからスタートする」

(P.F.ドラッカー著、ドラッカー名著集1 経営者の条件
より)

ノートを取るという事、メモや手帳を取るという事はすべて「時間管理」と密接な関係にある。

勉強のできる人はノートを取るのが上手だ。というのは「何が大事か即座に判断してそれを優先して要約して記述するから」です。

仕事のできる人もメモや手帳の取り方が上手だ。その中身を見てみると段取りや優先順位まで記述してある。

書くということ自体は時間のかかる作業に見えるかも知れないが、書くことで記憶できる。書くことで整理できる。書くことで効率化できるのである。

このように考えれば、書くということがどれだけ重要な意味を持つかが分かって頂けるでしょう。

「たかがノート、されどノート」

なのである。




posted by なお兄ぃ at 23:45 | 何のためのノート術か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。