はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2010年01月07日

マインドマップ(mind map)の作り方・書き方

マインドマップを活用して、作業を効率化しよう

マインドマップという言葉を聞いたことのある方、実に多いと思います。

別名、”マインドマッピング”ともいい、トニー・ブサンという人が提唱者となり、今では世界中に広まった”図解表現法”です。

中心となるキーワードを設置し、それから発想できる言葉を広げてゆくことで記憶、理解度が一目でわかるようになります。

現在では、人それぞれ活用法(表現法)が異なるので、そのほとんどがマインドマップとは程遠いものともなっております。

≪元祖的書籍≫トニー・ブサン著:ザ・マインドマップ
(※書籍より引用:教育分野やビジネス分野を中心に、世界中で2億5000万人以上が使っている、単なるノート術にとどまらない革命的な思考ツールです)



正式ではありませんが、ザッとこのような図になります。(※自己流にかなり手を加えてあり、実際とは異なる部分もございます。ご了承ください)

mind-map-biz.jpg

あくまでも参考程度にご覧ください。

フリーソフトなども出回っているようですが、基本的には手書きの方が素早くできますし、”手書き”ということで改めて脳の中(考え)を整理できますので、そちらをオススメします。




posted by なお兄ぃ at 17:11 | Comment(0) | マインドマップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。