はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2014年07月02日

ホワイトボードの使い方一つで目標を簡単に達成する方法


ホワイトボードを使って成果・成績アップ!

普段、私たちはノートや手帳・メモ帳を通して仕事・勉強をしていますよね。もしくはスマートフォンやパソコン内・ネット上に収められている機能的ツールを使って。

しかし、それは果たして本当に機能的かどうか、疑問符が残る部分もあります。

それはどういうことかといいますと、ノートや手帳も、パソコンやネット上ツールも「開く」という作業が必要になってきます。

スマートフォンやタブレット端末はパソコンに比べ起動時間もかからないほどなので、それほど億劫ではないかも知れませんが、「ネット環境」という大きな誘惑が待っていて(苦笑)必要な作業の前に、それらに打ち克つ必要が出て来ます。

ここでちょっとした労力やストレスを要します。

そこで一つ提案が・・・

それが「ホワイトボードの活用」です。

「ガリレオ」という人気ドラマ(映画)がありましたよね。その主人公である湯川教授はことあるごとに、どこにでも数式を書いてしまいます。これは劇中の一番の名シーンとも言えるものですが、ちょっと変わった視点で見ていくと・・・

こういった「すぐに書ける」そして「残しておける」、もっというと「その情報を客観視できる」・・・それが黒板やホワイトボードの大きなメリットではないでしょうか。

湯川教授の研究室では、黒板上に常に研究中の数式が書かれてあります。

私たちの日常においても、部屋に目標や課題を記述して「可視化(見える化)」しておくと、意識も高まりますし、目標達成率もグーンとアップすると思われます。

また、ちょっとしたビジネスアイデアや勉強法を記述しておけば、行動へ移すスピード感がアップしますよね。

現代はこの「スピード感」が特に重要になってきているとも言える時代でもありますし。

自分に打ち克つとか何とか、そういったストレスも、常にホワイトボードに課題が目に入ることでスムースに勉強や作業に没入していけるのでは?と思うのですが、いかがでしょう。


スポンサードリンク



posted by なお兄ぃ at 09:05 | ホワイトボードの使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。