はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2012年06月06日

日記、ノートの付け方のコツ(こうすれば活用・発揮できる)

感覚が大事、その時の感覚を書く

先日、テレビ番組「アスリートの魂」において、元短距離選手の朝原宣治さんの現役時代に記されていたというノートが公開されました。

そこには、海外で試合を転戦した際の日記や記録などがつづられており、特筆すべきは「その時の走っている感覚(もしくはこういう感覚で走ろうという課題)」が書かれておりました。

この「感覚」というのが重要です。

勉強でも、仕事でも、私たちがノートに記すのは理屈や理論がほとんどです。日々の中でそれらをデータとして残すことも重要ですが、それらを生み出した感覚はもっと重要になってきますよね。

例えば勉強でわからなかったところが「こういう感覚が大事なんだ」とか「こういう感覚で解けばこの科目は問題がない」ということを書くことで、自分の中の勝負勘のようなものが確認でき、養っていけるのではないでしょうか。

それはビジネス(職場・現場)においても同様です。

プレゼンテーション、営業、企画etc...その時にどんな感覚で考えが浮かび、どんな感覚で仕事をしたらお客様に喜ばれたのか等々…そういった記録は(成果や数字よりも)時として重要になってきます。

このように、あくまでもノートや日記は、私たちを更に成長させるためのものであるということを覚えておきたいですね。




posted by なお兄ぃ at 11:08 | ノートの取り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。