はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2012年04月10日

エジソンの発明ノート〜メモ習慣の力〜


エジソンのひらめきメモ〜エジソンノートに学ぶ〜

「発明は1パーセントのひらめきと、99パーセントの努力(汗)である」

とは、エジソンの有名な言葉。

とかく日本での解釈は「ひらめきよりも、努力が大事なんだ」という風に捉えられている方が多いようです。

しかし、エジソンは後日こうも言っています。

「99パーセントの努力も、1パーセントのひらめきがなければ意味をなさない」と。

そのひらめきを得るために、エジソンはメモを片時も放さなかったそうです。

彼のメモの習慣ぶりは、発明に関するもののみならず、生活万般に渡るすべてのことを記述していたといいます。

そこまで徹底していたのですから、こまかいところから多くのヒントを得たということも大いに理解できますよね。

エジソンのエピソードから見ると、現代において、あらゆるビジネスアイデアが会議室(オフィス)以外のところ(生活の現場)から生まれていることもわかります。普段からこういったたゆまない努力があってこそ、大きなひらめきも生まれてくるものなのでしょう。

勉強においても同様、気付きや反省・改善点があったら、すぐさまメモをとって改良していく努力も必要ですね。




posted by なお兄ぃ at 12:44 | 便利なメモ術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。