はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2012年04月05日

英文の長文読解のコツと勉強法


長文読解のコツ…英語の読み方のリズムをつかめば理解できる

今回ご紹介するのは、TOEICに関する英語の勉強法の本ですが、TOEICに限らず英文は速く読めたに越したことはありませんよね。

特に試験では「1分間に200語」というペースで読解できれば点数を稼ぐ優位性が高くなります。時間的にそのくらいのペースが要求されるということです(下記の著書の解説による)。

実際にこのスピードリーディングの学習を3ヵ月続けたところ、TOEICの点数が200点もアップしたというケースも(個人差があります)。

(これは私の体験談ですが)さらにこのリーディング学習を音読で試したところ、ヒアリングの理解力もアップしました。

話は前後しますが、日本語と英語では言葉のリズムが異なります。それはご存知の通り、文法の配置が異なるからです。だからこそ「英語のリズムをつかむことが大事」ということになります。

一々訳しながら読んではいけない…と言われる所以はそういうところにあるのです。

その理論の理解に終始するのではなく、実践的に読みこなしていくことでリズムをつかめるのですが、下記の本では「区切って読む方法」や「文法ポイント」に特化した「攻略テキスト」が掲載されています(。

自信のない方は、何度か読み返してみることをお勧めします。

英語(英会話)は区切って読む(話す)ことで上達していきます。特に口語表現(会話表現)では区切って話した方が相手も理解しやすいですよね。

最初から完璧を目指すのではなく、「ゆっくりでも理解する」ということが重要です。

「百聞は一見に如かず」聞き流し英語教材が注目される昨今、リーディングの重要性にも着目しておきたいですね。

▽一万人の日本人に教えてわかった内容が掲載。

ネイティブが教えるTOEICテストシンプル勉強法




posted by なお兄ぃ at 22:31 | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。