はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2011年10月13日

英会話教材を使っても英語を話せない理由


スピードラーニングを使っても英語は話せない!?

「有名英会話教材(聞き流し教材等)を使っても話せるようにならない」

という人がいます。ネット上の口コミ情報をチェックしてみても、そういった情報は多い。

しかし、英会話教材を販売している側は「(聞き流すだけで)話せるようになります」と宣伝しています(スピードラーニング・エブリデイイングリッシュなど)。

そのギャップは何故生まれるのでしょうか?ちょっと考えてみましょう。


≪私たちが話せる英語、話せない英語≫

私たちは中学校から(今では小学校から)英語を勉強しています。ですので挨拶くらいの会話はできるようになっています。

(It's very nice to meet you. Good morning. I love it. Talk to you later. etc...)

これらの短文、慣用句は(英語圏の)誰が話したとしても聞きとれます(どんなに早口で話されたとしても)、そして日本人でもかなりの人が話せるものです。

それは「発音を完全に理解している」「意味を知っている」「何度か繰り返し使ったことがある」からです。


≪英会話教材はきっかけ、大事なのはその後の作業!?≫

英会話教材はその基本表現が多く含まれています。そこからマスターするというのは理にかなっています。

※英会話が話せないという人はこの作業だけで留まっているのです。

肝心なのは「そこから広げる作業が必要である」ということです。

英会話教材を聞くことで、「正しい発音を知ることができる」「英語に耳慣れる」ことができます。


≪英会話教材で勉強したのに、実践で聞きとれない理由≫

「それでも実際に英語圏の人が会話している光景に遭遇した時、聞きとれなかった」

という声も見聞きします。それも当然です。何故なら・・・

「聞いたことがない表現だった」「知らない単語が多く含まれていた」からです。

すでに、英会話教材で正しい発音を聞きとる練習はしてきているのですから、そこから広げていく作業が必要なのです。


≪間違った辞書の使い方、正しい辞書の使い方≫

とはいえ、辞書を繰り返し使うというのではありません。「わからない単語でも、何度も出てくる(使用頻度の高い)単語から調べる」のです。

それを専用ノートに書き留めます。時間があるごとにそれを読み返す作業も必要です(海外在住の人はそういう作業をしています。だから話せます)

辞書においても、英和辞典ではなく英英辞典を使います。知らない単語を英語で理解する(平易な表現がされているので理解できます)。

そうしながら、ネットなどを通して様々なニュースサイト(英語圏)を聞いたり、洋画などを通して数をこなしていきます。

やがて、ある程度の会話が聞きとれるようになり、完全にマスターする頃には自分でも話せるようになってきます。

英会話教材はその入り口。その基礎を教えてくれます。人気教材の中では「英語→日本語」の順で流れてくるものが多いので、それだけでもかなり話せるようになるはず。

焦らずに、一つずつ着実に行っていくことが大事なのです。


≪ネイティブを目指さないことで、話せるようになる≫

たとえば、アメリカに10年以上住んでいる日本人の方がいるとします。そんな人たちでさえ、ネイティブ並みに話すのは不可能です。

同じアメリカでも都会と田舎町では発音(イントネーション)が異なることも多いです。日本でいう方言のようなもの。

さらに俗語(スラング)も多く、同じ英語圏でも理解できないことが多いのが現実です。そこまでマスターしようと思うのであれば、何年あっても足りません。

英会話教材の宣伝文句である「ネイティブスピーカーのように」という表現に振り回されるのではなく、「日常でも困らない会話」「ビジネスシーンでも通用する」「相手に失礼のない表現ができる」ということを目指しましょう。





posted by なお兄ぃ at 13:07 | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。