はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2011年09月28日

心を整えるとは、時間を整えること


書くことでセルフマネジメントを

今、サッカー日本代表キャプテンの”長谷部誠”選手著の、心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣という本がベストセラーになっています。

従来、「心は鍛えるもの」という発想が一般的でしたが、彼の言う「心を整える」という発想がとても斬新かつ、誰にでも取り組めるので読者層が広がったのは自然な流れでしょう。

著書を読み進めていくと、誰にでも当てはまる生活のあり方に関する記述がほとんどです。そこには時間管理という概念も当然含まれます。

現代、多くの人に「一番ほしいものは?」と聞いたら、「時間」と答えるケースがほとんどでしょう。それを好きな時間に充てたいということになるのだと思います。

もしくは忙しいビジネスパーソン、学生、主婦の方の間においても、日常生活の作業の中に充てたいという希望を持つ方も多いでしょう。それくらい現代人はやることが増えてきています。

やる気も、時間管理も、要約すると”マネジメント”から出発します。またそうすることで上手に帰結します。更に小さな目標を重ねていくことで、最終目標に達成することが可能になり、今自分がいる場所や状態が見えてきます。

それがやる気ややりがいにもつながってきますよね。そうなると毎日の時間・瞬間が断然楽しい、幸せ感を得られることになります。

「様々な項目を書き出す、視覚化(見える化)する」

書くという作業は、シンプルかつ大変重要なマネジメント術です。

▽自分(セルフ)マネジメントをするのに大いに役立つ一冊。


超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法




posted by なお兄ぃ at 08:42 | 書く力・効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。