はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2011年09月20日

書く力(長文・要約文)を身につける方法


ブログ、日記、ツイッター、フェイスブック・・・書く力を身につける方法

皆さんは常日頃、ブログ(日記)をどのように活用されているでしょうか?

メールやツイッター、フェイスブックでも構いません。ネットやPC、携帯電話内でどのように言葉を活用しているでしょうか?

少し前まではブログが全盛で、「書くことで自分を表現する」ということが目新しいことのようになっていました。

しかし、最近ではツイッターやフェイスブックの台頭により、「言葉を短縮化、要約すること」がトレンド(流行)となって来ております。

言葉を要約する能力と、言葉を紡ぎだす(創り出す)能力というのは相対しているように見えますが、”言葉を操る”という意味では同じもの。

現在では「400字詰めの原稿用紙3枚程度すら書くことができない人が増えた」という記事をよく見聞きします。話し言葉でも(要約ではなく)短縮されすぎて、表現力が欠如し始めているのです。

≪長文を書くとインターネットでは得をする!?≫

言葉を長く書くことができる(無駄に広げるという意味ではなく)というのは、インターネット上でも高く評価されているのをご存知でしょうか?

検索エンジンでは、”同じSEO(検索エンジン上位表示のための最適化)を施されている記事であれば、長文の方を上位に表示させる”という傾向が見られます。

それは”短文によるスパム記事への対策”という意味も込められているようです。確かに一つの事柄に関して、短文で簡潔に説明できるものが有用とは思われづらいですものね。

適度に、かつ適切に書かれている記事の方が有用であるという見方は、インターネットでも実社会でも同じ評価を得られるのかも知れません。

ともあれ、”簡潔に書ける・適度の長文を書ける”という両方の力を普段から身につけておきたいものです。
(コミュニケーションの大家、齋藤孝教授の説く、原稿用紙10枚を書く力とは?




posted by なお兄ぃ at 16:18 | 書く力・効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。