はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2011年09月14日

授業についていけない時のノートの取り方


授業についていけない場合のノートの取り方

中学にせよ、高校にせよ、授業は数十人のクラス単位で行われるゆえ、ついていける人とついていけない人が当然出てきます。とは言えども、先生側も進めなくてはなりませんので、途中で立ち止まって生徒全員の状況を確認…ということはほとんどないでしょう。

生徒の中でもできる人は楽勝かもしれませんが、それを苦手科目としている人は必死です。克服したいと願っている人なら尚更です。

そういった時のノートの取り方の一例をご紹介します。

皆さんは教科書に書き込みをしたことがありますか?少なくとも、アンダーラインを引いたりすることはあるかと思います。

スピードについていけない時は、ノートに(黒板の文字、先生の話の要点など)全部を書こうと思っても中々できないものです。

そういったときに教科書を上手に使います。(書きこんでもいいものなら)書きこむのです。とはいえ、整理しながらですが。

そして、家に帰った時に復習を兼ねてノートへと整理していきます。この時はマイペースでできるので、更によいノート作りができるはずです。

ノートを作り上げるのは、成績を上げるためでもあり、要約力をつけるためでもあります。要約力がつくと会話・対話が上手になり、コミュニケーション上手にもなります。

それはやがて、面接の時の受け答えの際に顕著になってくるでしょう。

たかがノート、されどノートなのです。

>進研ゼミの資料・見本を無料でお届け!
icon




posted by なお兄ぃ at 03:30 | ノートの取り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。