はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2011年07月25日

反復と継続の習慣が大事


継続と反復が大事〜勉強も仕事も

現在、石川遼選手がテレビCMに出演していることで、有名になった教材、「スピードラーニング英語」

とはいえ、

『聴き続けるだけで英語が話せるようになるなんてウソだろう?』

と思っている方も多いようです。

もちろん、数日聴いただけで話せるようになるのなら誰でもやっているでしょう。英語に限らず、語学習得の壁は200時間(学ぶ・聴く・覚える)だとビジネス語学の専門家が話していたくらいですから。

個人差もあり、同じ教材でも時間(ペース)の差もでてきますので、当然といえば当然の話。

「スピードラーニング英語」のこういったお話。実は、先日アメリカに15年在住しているという友人の口から『あれ、いいよね!』という話題が出てきたのです。

友人の体験から言うと、”語学は反射神経”なのだそうです。母国語で例えると、私たちもシーンによっては考えて話すこともありますが、たいていは”口を突いて出る”という感覚がほとんどでしょう。

聴き続けていると、その言葉が習慣となって耳(脳)に残り、ある日突然口に出せるようになって来るというのです。

繰り返し聴く・・・これがミソですよね。

当サイトのテーマである”ノートの取り方”も、”習慣と継続の大切さ”に焦点を当ててお話することが多いですから・・・

”hearing(聴く)→speaking(話す)”に結びつき、

”writing(書く)→memory(記憶)”に結びつき、

”reading(読む)→learn,study,master(学ぶ、習得する)”に結びつきますよね。

「スピードラーニング英語」に限らず、私たちの学習や仕事の作業すべてにおいて必要な”反復と継続”。
その効果の大きさを実感するエピソードでした。

「スピードラーニング英語」詳細はこちら>>




posted by なお兄ぃ at 20:45 | 気になる情報&コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。