はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2011年07月16日

国語・英語のノートの取り方(中高生向け)


国語・英語のノートの取り方

まもなく夏休み・・・中学生、高校生にとっては受験の天王山となる時期でもあります。

この時期に、量、質、共に良い学習をすることで、飛躍的に成績が伸びることも多い季節。

(既出な部分もありますが)今回は、国語や英語に焦点を当ててお話を進めていきます。

一番時間がかかる科目(教科)でもあるのが、語学系のこの二つ。その理由は・・・

本文(問題となる部分)をノートに丸写しするからこそ起こりうる時間のロスにあります。

『そんなことを言っても、書かないと始まらない』

そんな声も聞こえてきますが、ではコピー機を使ってみてはどうでしょうか?

▽こんな風に貼ってしまうのです・・・
note-torikata.bmp
いかがでしょう?これなら多くの問題が解けるようになりますよね。

ただ、一つだけ注意点があります。それは『文章を書くことによって得られるメリットである”語彙力”をカバーする学習をすること』です。

一見、無駄に見える書き写しですが、人によっては『(長文の)文章を書いたことでその中の漢字や単語、熟語を覚えることができた』という人もいるということ。

それらをカバーするために、語彙力の勉強は(長文読解とは別に)必ず行った方が良いということになります。

また、英語にしても国語にしても”音読の作用・効果”は絶大なものがあります。特に英語は音読をすることでヒアリング能力がつくというメリットもあります(正しい発音を心がけましょう)

そして、今まで”漠然と書く”という作業を行ってきた方は、”意識して書く”ことで必須単語・熟語・漢字などをしっかりと覚えていきましょう。

キミが通う中学×定期テストの勉強法大募集
icon

進研ゼミでは、クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント!

あなたに最適な勉強法を診断します
icon

簡単な質問に応えるだけで、各学年ごとにあなたに最適な勉強法を無料で診断します。




posted by なお兄ぃ at 19:02 | ノートの取り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。