はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2011年03月31日

書いたことは活かそう、話そう


書いたことを言葉に出してみよう

過去の記事にも書いたことと若干重複しますが、

”授業や仕事、講義の際に書きとめたことをそのままにしていませんか?”

という問いかけから今回はお話していきます。

人は聞いた(聴いた)内容をそのまま記憶するには、ちょっとした能力が必要になります。そのために、内容を忘れてしまわないために、契約などの約束事には”覚書”もしくは”契約書”というものを取り交わします。

私たちが普段使用しているノートやメモ・手帳の類も同じことが言えます。
『あの時、どんな話しをしただろうか?』
ということ、よくありませんか?

ましてや今は、友人との会話・連絡はすべてメールで済ませることもできる…これでは益々脳の力が失われていってしまいます…それがひいては”記憶力の低下”や”仕事・勉強力の弊害”につながってくることも。

書いたこと、記憶したことは、仲間や友人・同僚と差し支えない程度にドンドン話していきましょう。

観た映画のこと、読んだ本の内容、受講した講義の感想などなど…他者に語ることで、それは”復習”となって自分の中に確実に記憶され、更に整理されていきます。

過去に、ソフトバンクの孫正義氏がこのようなことを話していました。
『口に出して、紙に書いて、コミット(自らに課す)すること。それは成功への近道』だと…。

さぁ、私たちも共に頑張り、日本を復興させましょう。




posted by なお兄ぃ at 14:30 | 書く力・効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。