はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2011年03月20日

アナログアイテムの良さ


アナログデータの作成を

”パソコンデータの保存と共に必要なのは、アナログデータの保存の重要性”

私が過去に被災して痛感したことです。あの時はデジタル機器は全部流されました(台風時)家が全壊でしたので、アナログ用にとっておいたノートのデータも失うことになりましたが…。

ともあれ、デジタル機器だけに依存していると、(CD-RやDVD-R、バックアップソフトに保存していないかぎり)”有事の時に重要なデータさえ失ってしまう”ということもあり得ます。

何よりも、ノートなどに要約してメモをしておく習慣をつけておけば、頭の中で(ある程度の内容が)整理されるという有用性も合わせ持つことができます。

戦場カメラマンは、撮影済みのフィルムを複数の場所へ保管すると言います。ポケットにしても複数のポケットへ。複数のバッグがあれば、それぞれバラバラに…といったように。

そうすれば、”何かトラブルに巻き込まれてもどれかが残る”のだそうです。

こういった事例からもわかるように、単にアナログツールに残せば良いというのではなく、2重3重のバックアップが必要ということですね。

デジタルにおいては”クラウドコンピューティング”の活用をしておけば、パソコン内ではなくネット上にデータ保存をしておくこともできますし。

パソコン同様に使えるようになってきたスマートフォンに重きを置いている方は、携帯の電池にも同じようなことが言えます。

機動性という面では、現在はタブレット端末(スマートフォンやipadなど)があるので、デジタル機器でも『開きたい時にパッと開ける』という特性はありますが、電源が確保できなければ、その有用性も失われてしまうことに…

ともあれ、何かあってもすぐに立ち直るためにもデジタルとアナログの併用は大事ですね。




posted by なお兄ぃ at 22:41 | パソコンとノートの併用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。