はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2010年07月07日

読む力が書く力に


本の選び方、読み方で、書く力がアップする

ノートの取り方に関する書籍や、勉強法に関する書籍、ビジネスに関する書籍…
”タイトル”や”おすすめ”、”ベストセラー”という言葉に引き込まれ、逆に失敗したことありませんか?

私はあります(苦笑)

その後、『なぜ失敗したのか?』を検証してみたところ、『いわゆるハウツー本にも関わらず、読みづらい構成になっているものも少なくない』ということに気付いたのです。

あるジャンルに関して、わかりやすく解説をするから”ハウツー(ノウハウ)本”となるはずなのに、何故か”改行も、小見出しも、太字(重要部分)もなく、ただダラダラを記述されている本”が多い…

ノートの取り方も共通していて、『ノートの取り方が苦手だ』という人が書くブログなどを拝見すると、前述と共通して”改行もなく、括りもなく、ダーッと書いてあるだけ”というケースが多いことがわかります。

ネットで本を購入する時も、アマゾンなか見!検索なるページは大変ありがたい。また、楽天市場は様々なコーナーが充実していて、本選びが楽しくなる…これらを有効活用することで、”見る目を養う”こともでき、結果的には”書く力”につながってくるのではないでしょうか?

これらから学ぶこと、それはノートの書き方とは”丁寧さよりも見やすさが大事”ということです。




posted by なお兄ぃ at 14:43 | 書き取り術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。