はじめに(何故ノート術が必要か)
ノウハウとはその目的を達成するためにあります。あなたの目標はなんですか?

ノートのまとめ方、整理術
ちょっとした工夫で、『見やすい・使いやすい』手帳やノートに早変わり。

ToDoリストの書き方とは。
市販のものを買わなくても、簡単に活用出来る方法とは?

数学ノートの取り方とは。
授業の後に確実に覚えるため、着実な成績アップの方法も。

英語ノートの取り方とは。
ちょっとした実践で、同時に勉強の予習・復習もできちゃう方法とは?

ノート・手帳の再生活用術
年度がわりで余った手帳やノートを上手に活用しよう。

ルーズリーフの使い方
ルーズリーフの特性を生かして、時間短縮・効率化を図ろう!

中学×定期テストの勉強法大募集 icon
クチコミ勉強法を大募集中!投稿者全員にオリジナル待ち受けをプレゼント[進研ゼミ]

あなたに最適な勉強法を診断します icon
簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な勉強法を無料で診断します[進研ゼミ]




2014年09月10日

日本人が英語・英会話を話すことができない本当の理由


これだから日本人は英語が話せない!?

英会話教材や英会話教室、最近では「聞き流しCD」など「これなら英語が話せるようになります」といった良質の教材があふれるほどあります。

それでもほとんどの日本人は永遠に英語を話せるようにならないかも(!?)知れません。

その理由は・・・

「発音恐怖症」

日本以外の国籍の方は、あんなにもスラスラ話せているのに、我々日本人はというと(大多数の方が)たどたどしい・・・それは「発音や文法に自信がないから」と言えます。

何故ここまで日本人は「発音恐怖症」になったのか!?

例えば、スポーツ選手。
メジャーリーグのイチロー選手に、プロテニスの錦織圭選手、サッカーの本田選手と、海外で活躍する選手達の多くが英語で話しているシーンを(ネットやテレビを通して)目にします。

そこで”自称英語堪能な人々”が「あの人の発音はああだから」「あの人の発音はアジアっぽいから」と評論を始めます(コメントや掲示板で)。

インタビューなどを観ていると彼らの英語は通じていて、インタビュアーとの間で会話は成立しています。にも関わらず・・・です。

そこへ、その批評コメントを見た多くの人々が「え!?これだけ話せているのにダメなのか??」「じゃあ自分は無理だ!」という固定観念がすりこまれていってしまっているのです。

しかし、いわゆる”ネイティブ”のように話せる人はほとんどいないと思った方がいいです。イギリス英語に慣れている人はアメリカ英語に違和感を覚えるといいますし、アメリカ国内においては東西南北地域で発音は明らかに異なります。

相手が発音する、聞き取れなかったら質問してもう一度言ってもらう・・・といったように繰り返していけばコミュニケーションは取れます。

日本語でも同じですよね?それでいいんです。評論家は無視して先へ、未来へ、世界へ進みましょう!

否定は停滞、肯定は前進です。


スポンサードリンク

posted by なお兄ぃ at 19:28 | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。